新田隆裕くんが第33回若手化学者のための化学道場にて優秀ポスター賞を受賞しました

■2017年9月1-2日に鳥取県鳥取市で開催された第33回若手化学者のための化学道場(主催:有機合成化学協会)において,総合理工学部4年生の新田隆裕くん(分子機能化学研究室. 指導教員: 飯田拡基准教授)が「エテニレン架橋型ビスリボフラビンを主鎖に有する高分子の開発とその酸化触媒能」という演題でポスター発表を行い,「優秀ポスター賞」を受賞しました。[2017.9.27]

・総合理工学部HPの記事はこちら


物質化学コースの紹介

教育プログラム

受験生の皆さんへ

その他

学内向掲示板

■島根大HPトップ