総合理工学専攻 物質化学コースの目的および目標

■総合理工学専攻物質化学コースでは,化学の基礎から応用まで幅広い教育・研究を行い,原子・分子レベルでの物質のしくみの探求、 物質を変換する事によってできる新機能を持つ物質の創製とその応用開発,また,快適な生活環境を生み出すための洞察と工夫のできる国際的視野に立った 深い知識と高い技術を身につけ,創造性・表現力が豊かな研究者と技術者の育成を目指しています。

総合理工学専攻 物質化学コースの概要

分野 研究内容
物質設計 新規フタロシアニン金属錯体及び金属-金属結合を含むポリマー錯体の合成,有機光反応と合成反応,有機金属試剤の開発・応用,有機資源創製用高機能触媒の設計,触媒活性点のキャラクタリゼーション,触媒的不斉反応の開発・光学活性含トリフルオロメチル化合物の合成,機能性複素環化合物の合成とその物性
物質機能 機能性セラミックスの合成とその物性及び応用,機能性高分子の合成と物性評価に関する研究,ナノ粒子セラミックスの合成・開発
物質化学 新規な光反応・光物性の開発とその有効利用,光エネルギー利用モデル系の開発,汽水域環境の陸水化学的・地球科学的研究及び分析法の開発研究,機能性無機酸化物粒子の合成及び表面・粒子設計による高機能化

エッセンシャルミニマム

1.現在の物質感を身につけた複合的視野をもつ研究者・教育者を養成する。

2.従来の物理・化学両分野にまたがる高度な学術的人材を養成する。

3.基礎科学・応用技術両分野にまたがる工業コーディネーターを養成する。

4.新素材開発のための高度な知識をもつ人材を養成する。

5.多くの経験を元にして,新しい物質を設計・創製できる人材を養成する。

大学院入試案内

島根大学ホームページ入試情報をご参照ください。

物質化学コースの紹介

教育プログラム

受験生の皆さんへ

その他

■島根大HPトップ