「化学の基礎から応用および環境・安全に関する知識を備え,幅広い分野で活躍できる人材」の育成

1. 化学の基礎から応用に及ぶバランスの取れた幅広い知識を基に様々な分野で活躍できる人材育成
2. 高等学校教諭1種(理科・工業)のほか中学教諭1種(理科)教員免許の取得が可能

*基礎化学コースの学習・教育目標*

A 化学の基礎的および専門的知識の習得
A-1 化学の理解に必要となる,数学,物理学,情報処理に関する基礎知識・応用力を身につける。
A-2 無機化学,有機化学,物理化学,分析化学に関する化学の基礎的な知識を体系的に身につける。
A-3 化学の発展的・応用的な知識を身につける。
B 化学の専門知識を持つ者として必要な,広範な教養,倫理観および安全・環境に関する知識の習得と,それらに基づき判断・実行できる能力の獲得
B-1 人文・社会科学から自然科学にわたる幅広い教養を身につけることにより,多面的に考える能力を身につける。
B-2 化学の専門知識を持つ者に必要とされる倫理観を身につけ,社会的に責任ある判断および行動ができる能力を身につける。
B-3 島根大学環境マネージメントシステム(EMS)を理解し,環境と安全に関する正しい知識により化学を適切に利用する能力を身につける。
B-4 地域から地球的規模にわたる社会での問題に対し化学の果たす役割を理解し,考える能力を身につける。
C コミュニケーション能力,プレゼンテーション能力の習得
C-1 日本語による論理的な記述力,プレゼンテーション能力,コミュニケーション能力を身につける。
C-2 英語による,専門知識・情報の習得・獲得と基礎的なコミュニケーション能力を身につける。
D 情報収集能力,デザイン能力および自主的・継続的学習態度の習得
D-1 必要な情報を選択的に迅速に収集する能力・判断力を身につける。
D-2 情報・知識をもとに,自主的に問題点を見出し,仕事を立案するためのデザイン能力,および計画案に従い仕事を遂行し,問題点を解決する能力を身につける。
D-3 社会が必要とする技術および専門知識に関する情報を常に収集し,社会の要請に応える能力を維持するため,自主的・継続的学習態度を身につける。

基礎化学コース
(学際教育プログラム)

青字をクリックすると「各学習教育目標を達成するために必要な授業科目の流れ」を見ることができます。